alt1番目

ドロドロ血液

脂っぽい肉

欧米の食文化が日本に入ってきたことによって、日本人の食卓は高カロリーなものが並ぶようになりました。
それによって、健康を損なう日本人が増えてきました。

カロリーの高い食事を食べることによって、血液内の脂質が増加します。
血液内の脂質が増加すると、血液が粘度を増しドロドロとした質になります。この状態を高脂血症といいます。
高脂血症になり血液の流れが滞ると、様々な体に良くない症状を引き起こします。

善玉コレステロール

医者の注意

悪玉コレステロールに対して、善玉コレステロールと呼ばれるコレステロールもあります。
コレステロールというと体に悪いイメージが有りますが、善玉コレステロールは体にとって良い影響をもたらします。

善玉コレステロールは、使用されなかった血液中のコレステロールを肝臓に戻すという働きがあります。
また、血管内に付着してしまったコレステロールを取り除き肝臓に戻すという働きをしてくれます。
つまり、血液内を浄化するような働きをするのが善玉コレステロールです。
高脂血症の症状に悩んでいる方は、善玉コレステロールを増やすことで改善が見込めます。

食事改善

食事改善

高脂血症の予防、改善のためには食生活を見直す事が求められます。
コレステロールを上げる食品を出来るだけ控える事が大切です。
脂身の多いお肉や、ラーメン、揚げ物類はコレステロールが高いので控えるようにしましょう。

コレステロールを下げる食べ物を積極的に摂取することで高脂血症のリスクを下げる事が出来ます。
食物繊維は血中のコレステロールの量を調整する機能があります。海藻やきのこ類は、食物繊維が豊富でカロリーが無いのでおすすめです。
コレステロールを下げ、血圧を低下させるのがタウリンです。栄養ドリンクの成分としてもしられるタウリンは、イカやタコ、あさりや牡蠣などに含まれています。
また、青魚に含まれているEPAやDHAは、中性脂肪と悪玉コレステロールを減らすという効果があります。血液サラサラのために強い味方になってくれます。
コレステロールを分解する肝臓の機能を高め、コレステロールの代謝を促すレシチンも有効です。大豆などに多く含まれます。
このような食材を積極的に摂取し、症状を改善しましょう。

運動

適度な運動

高脂血症の症状を治療するために大変有効なのが運動です。
運動をすることによって、善玉コレステロールを増やす働きがあります。
激しい運動ではなく、酸素を取り込みながら運動をする有酸素運動を行うことで善玉コレステロールを増加させます。

また、運動をすることでエネルギーを燃焼します。
エネルギーとして燃焼されなかったコレステロールや中性脂肪が悪影響を及ぼすため、運動でこのようなコレステロールや中性脂肪を燃焼するのは非常に有効な治療法です。
運動を行う時間は、30分前後を目安にしてください。
中性脂肪が燃焼を始めるのは、運動を初めて30分頃からと言われています。
30分に満たないと燃焼が始まりませんので意識して運動を行いましょう。

人間の身体で最もエネルギーを消費するのが筋肉です。筋肉の量を増やすことで、中性脂肪やコレステロールを効率よく燃焼することが出来ます。
その為、有酸素運動と合わせて筋肉トレーニングを行うとよいでしょう。
ハードなトレーニングをして身体を壊したり、途中でやめてしまうと意味がありません。
長期間継続できるようなメニューを行うように意識しましょう。